みなさん、こんにちは。

日に日に迫る「イロドリガラス展 in Rodina」

今からワクワク・そわそわのスタッフです。

 

今日はガラス作家 安達寿英さんの作品をご紹介しますね。

 

カラフルなパーツがパッチワークのように組み合わされたランプシェード

s-IMG_2913

s-IMG_2910

そして、同じ技法で作られたグラス♪

s-IMG_2918

s-IMG_2919

ひとつひとつのカラフルなパーツは、

模様もデザインもそれぞれ1つ1つにこだわりが感じられ、

パッチワークのように組み合わされることによって、

楽しくて華やかな作品となっています。

 

この作品を作成するには、、、

安達さんご自身で制作されたムリーニ(金太郎飴のようなパーツ)や

ロンデル(まっ平らなお皿のようなもの)を様々な形にカットし、

パッチワークのように組み合わせ、

吹きガラスの技法で成形し、

サンドブラストで削り、絵柄を描いていくという、、、、

想像できない程、とってもとっても手の込んだ作品ですので、

ぜひ手に取って頂き、ひとつひとつのパーツを全部ご覧頂けたら嬉しいです♪

 

そして、

「かおグラス」も届いております♪

s-IMG_2926 (1)

にっこりしたり

あっと驚いたり、

メガネかけたり、

ヒゲがあったり、の可愛いかおグラス。

ひとつひとつ表情のちがうので

使うほどに愛着がわいてきて、楽しい気持ちになるグラスです。

 

 

安達寿英さんの「パッチワークガラス」と「かおグラス」

ぜひ「イロドリガラス展 in Rodina」にてご覧ください。

 

今日のRodinaの話しでした。

 

Rodinaスタッフ**