待ち焦がれた灯・此の山小屋ランプが昨日の夕方、Rodinaにやって来ました。

硝子部分はもちろんのこと、土台も手作り。
作家、渾身の灯です。

この不思議な氷の様な硝子は、まず石膏で型を作りそこに硝子を入れて窯で溶かします。
その後、冷めて固まるのを待ち石膏を落としてはじめて完成するのです。

 

たいそう、手間ひまかかるのです。

間違っても、足に落としてはならないそうです。(重いのです。作家・談)

101203_1621~01.jpg気泡がキラキラ。
光のなかに山小屋が!
建築家・吉村順三さんの作った山小屋(山荘)が私の頭には浮かんできました。

此にしかない灯。

ぜひとも、一目見に来てくださいませ!

 

と、またも作家に断りもなく勝手にタグをつくってしまいました。

 

101204_1131~01.jpg職権乱用です。

 

山小屋ランプも来て、なんだか嬉しいので嬉しいついでにピラニアンズの新作

「スーパーボルケーノ」をかけて値札付けの仕事をこなしています。

ピアニカの音色が今日の天気にはとてもはまります。

 

よい一日を!

 

Rodina スタッフ

 

 

 

(追記:一日の終わりに)

本日、mimicoさんがローラの家の写真(素敵なポストカード4枚)をお土産に持って来てくれたので、またも職権乱用で店内に置きました。

販売ではなく、見る用。

もちろん、mimicoさんに断りもなく。(すみません!)

 

101204_1737~01.jpg

ぜひ、お手にとってご覧ください。