昨晩は雨のお陰で久しぶりにやや涼しい夜でしたね。

実は昼間に車を洗ったので複雑な心境だったりもしますが、そこそこ嬉しかったです。

– – – – – – – – –

先日、Rodinaに入荷したアンティーク(古道具!)のアルミのモールド。

100726_1124~01.jpg

Rodina園芸部(=スタッフ)も購入し、緑を植えていくつかお店にも飾ってみました。

 

こんな風に緑を部屋に飾っただけで涼しく感じるような、感じないような・・・。

さらにモールドをアルミトレーへ乗せると・・・デザート気分。

 

じゅるる。

アルミってどことなく涼しく見える気がしますよ、ね!

モールド植物.jpg購入したモールドには穴を開けたので、私は蔦なども植えましたが、穴を開けない場合はそんなに水を欲しがらない他肉植物やサボテンなどを植えるといいかなと思います!

 

といっても、私は多肉もサボテンも育てるときは穴あきの器で育てます。

植物には土の中の酸素も重要になってきます。

水をたっぷりあげて、穴から水を出すことによって一緒に新しい酸素も取り入れているのです。

植物によって色々ですが、水はけが良い土が好まれるのはそういった理由からかと思います。

 

 

100726_1334~01.jpg

 

そして植物もひとつのいのちなので、成長とともに器もかえてあげて下さいませ!

Rodinaは閉店後のお店が暑くなりすぎて・・・この夏はたくさんの植物があの世へ旅立ちました・・・いのちは大切にしたいものです。

うーん、可愛いなー。

穴を開けたモールドの水受け皿代わりに、エナメルのカップもいいなー。

 

使い方の参考までに、お店に数日置いておきますので、見てください。
(今回お店にあるものじゃないモールドにも植わってますが、参考ということで!)

 

ほかにも、モールドにクリップやアクセサリーをいれたり、色々使い方は無限です。(←言いすぎ!)

近頃のステンレスのモールドにはないアルミのやさしい感じがとても魅力だとおもいます。

近所のおじいちゃん(ステテコ姿にジョーロもって庭に水)みたいな、そんな親しみもアルミにはあるような、ないような。

 

すてきな使い方を見つけた方はこっそりスタッフに耳打ちしてださいな!

 

まったく関係ありませんが、RodinaスタッフはNHK趣味の園芸の矢澤先生のファンです。
とっとり花回廊にいきたい今日この頃です。

Rodina スタッフ