shiro 「白のかさなり 2」 暮らし舎 モノガタルさん

  • 2016.07.11
  • Monday

monogataru1.jpg

monogataru2.jpg

monogataru3.jpg

monogataru4.jpg

「白のかさなり 2」

続いてのご紹介は、京野さんと同じく伊賀で制作をされている、暮らし舎 モノガタルさん。
子育てをされながら麻や伊勢木綿を用いて様々な用途の布小物を生み出している作家さんです。

今回ご使用いただいた生地も本当に素敵です。

「砂いろ」の麻。
真っ白な砂浜の色を連想して付けられたその名と、様々な色合わせがなんとも。
その麻に合わせた、モノガタルさんが大好きで止まないという伊勢木綿の反物は、生地の切り取る部分や方向によって、青っぽいところや紫っぽいところ、ピンク、ベージュっぽいところなど、縦糸と横糸の違いで雰囲気が変わります。

一枚の布が、一枚からそれぞれへ。
色や形、生地の組み合わせによって様々に。
そんなところもまた。

shiroでも人気のしかくきんもご納品いただいております。
いつもより少し小さめの、しかくクロスというハンカチくらいのサイズもご一緒に。
お弁当包みにはもちろん、小さめの窓に掛けたり、クロスにしたり、用途は様々。
わたしはカゴの目隠しに使っています。

いろいろサイズのマットさんは、この時期冷たい飲み物を注いだグラスや、冷酒を注いだカップなどに。
ざぶとんマットはマグカップはもちろん、ガラスの器や小さめの丼などにも使えます。

暮らしに寄り添う という言葉がしっくりくるモノガタルさんの作品たち。
是非お手持ちの器やお部屋を思い起こしてぴったりの場所をお探しくださいね。

櫻井



〇 企画展のご案内 〇



     白のかさなり2-2.jpg   


     shiro リニューアル2周年 「白のかさなり 2」
            H28.7.15(金)-7.18(月)



7月でリニューアルオープンから2周年。
感謝の気持ちを込めて、昨年もご好評いただきましたアニバーサリーイベント「白のかさなり」の第二弾をお届け致します。
店名と、2にちなんで、白にそれぞれの作家さんがもう1色を重ねて作り上げた作品たちが並びます。

・くにさきかたち工房 垣野勝司(陶)
・京野桂(陶)
・さとうまり(ガラス)
・Sopo(石鹸)
・teori works(織)
・暮らし舎 モノガタル(布)
・HUTTE.(消しゴムはんこ)
・BRASS YARD(真鍮)


期間中に3.000円以上お買上げくださった方に先着でSopoさんのフレグランスソルトを差し上げます。


是非ご来店くださいませ。

shiro

〒285-0025
佐倉市鏑木町405-7
TEL.043-481-0778
10:00~16:00(水曜定休)

shiro通信

Archive

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

Comment