こんにちは。

今日から『陶器市Vol.6』に出展して頂く作家さんの

作品を少しずつご紹介させて頂こうと思います。

本日ご紹介させて頂くのは『オカダカズミ』さんの作品です。

 

20190112011

美術大学在学中での中で地方工業産地の取材や

その後の博物館勤務の中で

教育普及業務などの様々な経験の中から

ものづくりのスイッチが入り、

現在は東京都八王子市の自宅アトリエで制作をされています。

 

今回は『動物の花器』をメインにしたとても愛らしい作品の

数々を届けてくださいました。

20190112022

 

20190112033

『花器』 ネコ

大小様々なネコたち。

柔らかくほんのり明るい色みと模様も様々、

ベースの色みも土物ならではのあたたかな優しい色合い。

ほんのりザラっとした質感もたまりません。

20190112044

イヌ

20190113055

フクロウ

20190112066

どの角度で飾ってもどれも表情が豊かでほっこりして

しまいます。正面から撮るとお空を見上げているような…

1つ1つ微妙にお顔の表情が違うので是非お気に入りの子を

見つけて頂きたいです。

20190112099

少し上から撮るとこのような感じで

お目目が柔らかい表情の子がいたり、

お鼻の膨らみだったり、首の傾げた感じだったり…

じっくりと見るとどの子も個性があってとても愛らしいです♩

 

他にも…

20190112077

のぞき見のネコとイヌのマグカップもあります。

ひょっこりとこちらを覗き込んでいる姿が

思わず「あるある~」と思ってしまうほどの愛らしい姿…。

我が実家のイヌ、ネコもこんな姿を見せます。

 

他にも…

20190112088

シンプルでコロンとしたマグカップもあります。

コップ下の模様、上方はつるんとした質感。

日常にすっと馴染んでくれそうなそんなマグカップです。

 

『陶器市Vol.4』でご来店頂いた際は是非お手にとって

お気に入りを見つけにいらしてくださいね!

 

今日のRodinaの話しでした☆

 

ハタケヤマ