18.1116.1

 

 

 

11月22日から27日までの約一週間開催する、二人展。

あっという間に1週間を切りました。

 

本日はご参加いただく、工芸社 かつらはらゆきさんのご紹介です。

 

 

 

身に着ければ着けるほど、

肌に馴染み、生活に溶け込むアクセサリー。

 

ふと気が付くと手に取るのは工芸社さんのピアスで

着けていることを忘れてしまう程、私自身の一部になっています。

 

 

 

以前にもご紹介しましたが、

 

さりげなく身を飾り、さりげなくよりそえる

そんなジュエリー作りをこれからも続けていきたいと思っております。

 

という、控えめながらしっかりとした芯のあるお手紙から

作家さまとお客さまを繋ぐ、という役割の大きさを感じ

もっともっと、作家さんと作品が大好きになりました。

 

 

 

「 さりげなく。」

 

かつらはらさんがきっと、大切にしていて

これからもずっと大切にしていきたいことだと感じています。

 

 

そんな、「 さりげなく。」を私自身が実感しているからこそ

皆さまにも感じていただきたいです。

 

 

 

 

山梨県で活動されている工芸社さんですが、

県外のお取り扱い、また企画展へのご出展が当店が初めてになります。

 

知らない土地で、自分の目が届かないところで、

大切に作られた作品をたくさんの方にお手に取っていただく事に

色々な想いを馳せながら今回ご参加いただいております。

 

 

 

アクセサリーを初めて見る瞬間、お手に取る一瞬までもを

楽しんでいただけますと幸いです。

 

 

 

ぜひ、この機会に工芸社さんのアクセサリーに

寄り添い、同じ時を過ごしてみてください。

 

 

 

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

浮貝

 

 

 

〇 企画展のお知らせ 〇

 

二人展

工芸社、立田暁子

2018.11.22-11.27

 

相反するようで、混ざり合うお二人の作品を楽しみにお待ちください。